結構重要。レモンの皮がレモン入りコーヒーの味に与える影響

  •  
  •  コーヒーの抽出
  •  アレンジコーヒー

美味しいレモンコーヒーは作れる?

前回、輪切りのレモンでレモンコーヒーを作りましたが、独特の苦味が強く出過ぎて美味しいとは言えませんでした。苦味の原因はおそらくレモンの皮なので、それをどうにかすれば美味しく飲めるのではないか、と考察したところで終わりましたが、せっかくいろいろ考えたので今回はそれを試してみたいと思います

前回は厚めに切った輪切りレモンを浮かべたことで、皮から余分な苦味が出てきてしまったと思うので、今回は薄切りにしたレモンを使用します。また、皮が苦味の原因なのであれば、それを一切含まないようにレモンの果汁だけを絞ってコーヒーに入れる、という方法でもレモンコーヒーを作ってみます。そして、それぞれ飲み比べて味の比較をしてみます。

コーヒーを淹れる条件

今回淹れたコーヒーは、以下の条件のもと抽出しています。

  • 使用したコーヒー豆:インドネシア マンデリン
  • 焙煎度:フレンチローストぐらい
  • コーヒー豆の粗さ(ナイスカットミルのメモリ):4
  • ドリッパー:ハリオ V60透過ドリッパー01(ガラス)
  • コーヒーポット:ユキワ M-5
  • フィルター:ハリオ V60ペーパーフィルター01W(ホワイト)
  • 秤:ハリオ ドリップスケール
  • 豆の使用量:20g
  • お湯の温度:約88℃
  • 蒸らし時間:20秒
  • 抽出量:130ml

レモンを欲しい大きさに切る

まずはレモンの準備をします。レモンは薄切りで輪切りのものと、果汁を絞れるように大きめカットのものを用意します。

皿に乗った輪切りのレモンと大きくカットしたレモン

輪切りレモンと大きめレモン。大きい方はレモン1/2個ぶん。ちなみに、レモン1個分に含まれるビタミンCはレモン1個分らしいですよ(適当)。

大きくカットしたレモンの側面

大きめカットのレモンの厚さはこのくらい。

薄切りレモンの側面

薄い方はこのくらい。前回に比べたらだいぶ薄く切れてるんじゃないでしょうか。

切ったら冷蔵庫に一旦避難しておいて、コーヒーをドリップします。今回はマンデリンを使ってコーヒーをハンドドリップ。レモンとはちょっと相性悪いかもと思いましたが、手元にあるコーヒー豆がこれしかなかったので断行します。

レモンコーヒーを飲み比べる

1杯目のコーヒーをドリップしたら輪切りのレモンを浮かべて、味を出すため5分放置。その間にもう一杯のコーヒーを淹れたら、1/2個の大きさのレモンを握力全開でギッチギチに絞る・・・のではなく、一握り、二握り程度絞ります。

輪切りのレモンを浮かべたコーヒー

輪切りレモンコーヒー。輪切りのレモンを乗せるときは水面にビターン!ってならないように注意です(2回目)。

果汁を絞った方のレモンコーヒーは見た目わかりにくいので写真はなし。で本題、2杯のコーヒーを飲み比べます。

まず、輪切りのレモンを入れたレモンコーヒーから。鼻を近づけると、レモンの爽やかな香りがして美味しそう。口をつけると、やっぱりレモン独特の苦味があります。グアテマラも独特の苦味がありますが、ソレとはやはり別物です。ただ、薄切りにしたおかげか前より気になりません。レモンの爽やかさも添加されて、予想通り厚い輪切りのレモンを使ったものより飲みやすくなったと思います。

次に、果汁のみを絞って加えたレモンコーヒー。鼻を近づけると、爽やかというより酸っぱい香り。一口飲むと、かなり酸っぱい!苦味を食ってレモンの酸っぱさが際立ちます。ちょっと果汁を入れ過ぎたようですが、目論見どおり、独特な苦味はほとんど感じられません。ただ同時に、レモンの香りもほとんど感じられず、酸っぱいだけの不味いコーヒーになってしまいました。

考察・感想

個人的に結構面白い結果になったと思います。まず、レモンを加えたときの独特な苦味は、やはりレモンの皮によるところが大きいようです。皮の部分が多すぎると、その分だけレモンの皮由来の苦味が主張してくるので、コーヒー本来の味わいを覆い隠してしまいます。

だからといって、レモンの皮を全く加えず果汁のみコーヒーに加えると、ただ酸っぱいだけのコーヒーになり、レモンの持つ爽やかな香りがコーヒーに添加されません。二律背反、欲しい物もいらないものも、レモンの皮が持っているわけです。

なにより今回、香りの重要性を改めて認識しました。まさかここまで”レモンらしさ”が香りによってもたらされているとは。どこかの本で、コーヒーには人間が感じ取れるレベルの甘さの成分は殆ど無いけど甘く感じるのは香りのせい、的なことが書いてありましたが、なるほどその通りだと思います。食べ物の味を決めるのは舌だけではなく、鼻で嗅ぎ取る香りも重要なんですね。香りのないレモンは、ただの酸っぱい汁でしかありませんでした。

じゃあ、どうやったら美味しいレモンコーヒーはできるのかと改めて考えると、まず皮を省くのはナシになります。しかし、皮付きだと苦味も出てくるので皮の面積は少なめにしなければなりません。となると、薄切りで、かつ皮を半分くらい切り落とす、とかでしょうか。ちょっと間抜けなレモンコーヒーの絵面になりそうですね。

もしくは根本的に、ホットコーヒーとレモンの組み合わせが良くないのかもしれません。ホットコーヒーだと温度が高いので、成分が溶け出しすぎるといった感じです。となると、アイスコーヒーであればレモンとの相性が良いのではないでしょうか。冷たいので皮の苦味は溶け出しにくそうですし。ただ、苦味が出ない代わりに香りも出ない、なんてことでは意味がありませんけどね。

結局今回も美味しいレモンコーヒーはできませんでしたが、発見もあってよかったです。まだ試せることがありそうなので、その検証を持ってレモンコーヒーの是非を問いたいと思います。

コメントを残す


CAPTCHA